• Top/トップ
  • Introduction/イントロダクション
  • Story/ストーリー
  • Chart/相関図
  • Cast/キャスト
  • Staff/スタッフ
  • Special/スペシャル
  • Products/商品情報
CAST キャスト

ソン・イギョン

5年前に恋人を失ってから心を閉ざし、人生を放棄したように生きる孤独な女性。深夜のコンビニでアルバイトをする以外は家にひきこもっている。知らないうちにジヒョンに憑依され、寝ている間だけ身体を貸すことになる。やがて自分の異変に気がつき始めて…。

イ・ヨウォン

80年4月9日生まれ。170cm、48kg。檀国大学演劇映画科。98年に『男の香り』でミョン・セビンの子役を演じてデビュー。01年の映画『子猫をお願い』で青龍映画賞新人賞を受賞。03年に結婚して一時芸能界を離れたが、05年に「ファッション70‘s」(SBS)で復帰。09年には大ヒット時代劇「善徳女王」(MBC)でヒロイン・トンマン役を演じ、国民的な人気を獲得した。

ハン・ガン

ジヒョンの高校の同級生で建築士。ジヒョンに片思いしているが、誤解が重なって反対の態度をとってしまう。ジヒョンが憑依した状態のイギョンを自身の経営するワインバーにアルバイト店員として雇い入れるうちに、不思議な感情を抱いて混乱するが…。

チョ・ヒョンジェ

80年5月9日生まれ。180cm、65kg。檀国大学演劇映画科。99年に「カイスト」(SBS)でデビュー。神父役で出演した「ラブレター」(03年MBC)で繊細なイメージと端正なルックスで人気を集めトップスターの仲間入りを果たす。04年には日韓共作ドラマ「STAR‘S ECHO」(フジテレビ系)で中越典子と共演した。08年5月より入隊し、本作は除隊後の復帰作。代表作は「薯童謡[ソドンヨ]」(05年SBS)など。

シン・ジヒョン

苦労を知らず、明るくピュアに育ったお嬢様。結婚を目前に控えて不慮の交通事故に遭い、脳死状態になってしまう。真実の涙3粒を集めれば生き返られるというスケジューラーの提案のもと、イギョンに憑依して奔走するが、厳しい現実にぶち当たる。

ナム・ギュリ

85年4月26日生まれ。165cm、46kg。慶煕大学校演劇映画学科。06年に3人組グループSeeYaのメインボーカルとしてデビューし、09年に脱退。08年に『コ死:血の中間考査』で女優デビューを飾る。10年には「美しき人生」で連続ドラマに初出演。利発で現代っ子らしい大学生役を演じてSBS演技大賞ニュースター賞を受賞した。ドラマ出演2作目となる本作で女優としても成功をおさめ、これからの活躍が期待される。

スケジューラー

死者をあの世に送る仲介人。予定にはなかったジヒョンの死に際し、真実の涙を集めて生き返ることを提案する。自由奔放で気性が荒いが、情にもろい面もあり、ジヒョンを厳しくも温かく指導する。自分の生前の記憶を失っているが…。

チョン・イル

87年9月9日生まれ。184cm、64kg。漢陽大学演劇映画科。06年に映画『静かな世界』でデビューし、続いて出演したシチュエーションコメディ「思いっきりハイキック!」(06年MBC)で反抗的な高校生役を演じて大ブレイク。「美賊イルジメ伝」(09年SBS)では主役のイルジメ役、「お嬢さんをお願い!」(09年KBS)では弁護士役で好評を集めた。本作では風変わりなキャラクターを魅力的に演じ、サウンドトラックで歌にも挑戦している。

カン・ミノ

優しく有能なジヒョンの婚約者。シンガ産業の室長で、ジヒョンの父から絶大な信頼を受けている。ジヒョンの事故に悲痛な表情を浮かべるが、裏では恋人のインジョンとともに会社の乗っ取り計画を企てる。プライドが高く、自分を敵視するイギョンを気にかける。

ペ・スビン

76年12月9日生まれ。180cm。68kg。大真大学演劇映画科。00年に映画『クラブ・バタフライ』でデビュー後、ウォン・カーファイ監督の推薦で北京映画学校に入学。中国の時代劇「記憶の証明」にも出演した。帰国後は「海神−HESHIN−」(04年KBS)、「朱蒙[チュモン]」(06年MBC)、「華麗なる遺産」(09年SBS)、(「トンイ」(10年MBC)などのヒット作に立て続けに出演し、幅広い層のファンを獲得している。

シン・インジョン

ジヒョンの大親友でシンガ産業の秘書。貧しい家庭に生まれ、大学時代はジヒョンの家に居候していた。実は隠れてミノと交際し、ジヒョンの恵まれた環境に激しい嫉妬を抱いている。ジヒョンの事故をきっかけにこれまでの行いを後悔し始めるが…。

ソ・ジヘ

84年8月24日生まれ。170cm、47kg。成均館大学演劇芸術科。03年にバラエティ番組「バラの戦争」に出演して芸能界入り。「オールイン 運命の愛」(03年SBS)で女優デビューを飾る。「シンドン−高麗中興の功臣−」(05年MBC)でヒロインの王妃役で頭角を現し、「鉄の王キム・スロ」(10年MBC)など数々のドラマで主演を務めた。本作ではこれまでの純真なイメージをくつがえす悪女役に挑戦して好評を集めた。

シン・イルシク

ジヒョンの父でシンガ産業の社長。脳腫瘍におかされていることを周囲には隠している。

チェ・ジョンウ

57年2月17日生まれ。175cm、70kg。演劇歴30年以上のベテランで、06年からドラマ界にも進出。「華麗なる遺産」(09年SBS)や「検事プリンセス」(10年SBS)などソ・ヒョンギョン作家の作品には欠かせない存在。

パク・ソウ

ジヒョンとインジョンの親友でベーカリーショップに勤務。高校時代からガンに片思い中。

ペ・グリン

89年1月1日生まれ。169cm、48kg。06年に「四捨五入3」でデビュー。「美男<イケメン>ですね」(09年MBC)でバンドの追っかけファンのサ・ユリ役を演じて注目を集める。代表作は「チング〜愛と友情の絆」(09年MBC)など。

ノ・ギョンビン

精神科医。ぬけがらのように生きるイギョンを心配し、5年間見守り続けている。

カン・ソンミン

79年7月23日生まれ。175cm、60kg。ソウル芸術大学放送演芸科。97年に3人組歌手UNOのメンバーとしてデビュー。グループ解散後は俳優に転身。代表作は「クァンキ」(99年KBS)、「チュノ〜推奴〜」(10年KBS)など。